タグ:科学 ( 8 ) タグの人気記事

スマホで人は、、、2

(《スマホで人は、、、1》からの続き)

このことは、イルミナティのタビストック研究所のメディア部門が推し進める、多重人格・自己同一性が混乱した性転換・超えてしまっている人間主義者など、を明らかにするでしょうか?
このことは、国民が完全に狂気じみたようになって行っているわけ、を明らかにするでしょうか?
5Gが全体に広がった時、何が起きるのでしょうか?
人間は、将来も鳥たちと同じ舟に乗っているでしょうか?
私たちは、自分は何かという自分の意味を、全く失ってしまうのでしょうか? そしてロンドン シティーが指揮をとって奏でる人口削減と堕落の新世界秩序(ニュー ワールド オーダー)へと、至極簡単に追いやられて行くのでしょうか?

通信規制とELFの重大さを研究する基金と、両方とも無いのにも関わらず、WHOのような主流機関が携帯電話はガンの原因になることを認めています。ここでのガンの、最も一般的な形は、耳に最も近い脳領域の中で起きるグリア細胞腫です。
グリア細胞腫の多くは、脳の中心において松果体に移動します。
この移動が良くないことだというのは、以下の二つの理由からです。

(1)生理的に、松果体はメラトニンを生成しますが、このホルモンはフリー ラジカルを攻撃するので、人体のひどく酷使された免疫機構を再建する鍵です。ほとんどの研究者が、フリー ラジカルはガンだけでなく全ての病気の背後にある主な原因である、ということに賛成しています。

人間は、暗闇の中で眠っているときにだけ、メラトニンを生成できます。私たちに生まれつき備わっている24時間のリズムによってです。
しかし、最近の研究によれば、人間の脳は光の周波数とELF周波数を区別できないそうです。
従って、もしもあなたが携帯電話のおしゃべりがいっぱいの所に住んでいれば、あなたの脳はあなたが(眠っていても)眠っていると考えないので、メラトニンを生成しません。

(2)精神的に、古代人は松果体を『第三の目』と見なしました。『第三の目』は人間の五感を超えた現象を見つけるための自然な力を、人間に与えるとしました。
イルミナティの研究者たちは、執念を文書に残してきました。この自称ルシフェリアンたちの、全人類の松果体に神が授けた力が宿ることを隠してしまおう、という執念をです。そして、この知識は秘密結社を通して、自分たちのために秘蔵されました。

私たちが人間にとどまり続けるには、広く販売された無線電波の猛攻撃が、何をもたらすのかを明らかにしなければなりません。人間と母なる地球両方へのエイリアン・AI侵入者による攻撃が、もたらすものをです。
あなたの携帯電話を放しなさい、外に放り出して母なる地球とあなた自身両方に知らせなさい。
このとき、両方を守るために地獄のような戦いになります。なぜなら、これは私たち全員に宣言された戦争だからです。

さて、許してもらえるなら、私と一緒にハーモニーをとってくれる鳥たちが欲しいです。

(「スマホで人はバカになる」終わり)

----------------------------------------------------------------------
ヘンダーソンさんが書かれた五冊の本です。

[PR]
by ymmatheb | 2018-05-07 06:10 | レフト フック | Comments(0)

スマホで人はバカになる

〜スマホで人は、、、1〜

最新の「レフト フック」の記事を紹介します。
著者ディーン ヘンダーソンはスマホについて論評しています。
《https://hendersonlefthook.wordpress.com/2018/05/03/smart-phones-make-dumb-people/》

スマホで人はバカになる

2018年(平成30年)5月3日

d0364262_13062224.jpg

今朝、我が家の庭は美しい声で鳴く鳥たちの合唱であふれています。
夏風琴鳥(ナツフウキンチョウ)・百舌擬き(モズモドキ)・椋鳥擬き・藍頬白・黄金鶸(ヒワ)・猩猩紅冠(ショウジョウコウカン)鳥が、住み着いている瑠璃駒鳥(ルリコマドリ)・啄木鳥(キツツキ)・バージニア 木走り・五十雀・四十雀・汁吸い啄木鳥に加わって、完全なアンサンブルが出来上がります。

数年前から、群れでやってくるのは普通でした。
私たちは、携帯電話の電波塔からはずっと離れたところに住んでいます。
電波塔が当たり前に見られるようになって、ここにくる鳥の群れは増えてきました。
都会では美しい声で鳴く鳥はすっかりいなくなった、と聞きます。
都会では、虫がかなり減っている、という報告もあります。

1952年(昭和27年)のシューマン共振の発見とともに、地球は極く低い周波数(ELF)の波を常に出している一つの電磁気の生命有機体であることが、主流科学者でさえもはっきりと認めました。

鳥と虫は移動するときに方位計(コンパス)としてこの周波数を使っています。
人工的なELF波のスパイクが鳥と虫に及ぼす有害な影響を明らかにする研究が、多くなされてきました。
蜜蜂の群生崩壊は、同じくELFに関係していました。
何百種という鳥と蝶が、間も無く絶滅するでしょう。
それは、やがてやってくる大量絶滅を知らせる、「炭鉱のカナリア」と言えます。

人間の健康も電磁波被曝によって、深刻な損傷を受けつつあります。

地球の電磁場は7.83ヘルツの平均自然周波数で作動しており、人間を取り囲んで保護しています。
必要なときは、太陽風・太陽光・他の自然現象からエネルルギーを補充あるいは削減して、この平均周波数が維持されています。
これは母なる地球の心臓の鼓動です。

人類はこの地球に属していますから、私たちも電磁気の生命存在です。
まあ病院のEKG(心電図)画面を見てください、よくわかるでしょう。
1980年(昭和55年)代に、人間の脳も動作周波数------まさに7.83ヘルツでシューマン共振と同じ------を持つことが発見されました。

オーストリアの電気技術者レビス ハインスボルトが、この自然に生まれている脳周波数を発見しました。これはアルファ波として知られるようになりました。
ハインスボルトは、人間の健康は(地球のシューマン共振と同期した)人間の脳周波数に依存している、と示唆した最初の人です。

このトピックについての主要な研究者の一人であるボルフガング ルートビッヒ博士は、自然の中でそして海の外でシューマン共振は容易に測定できるのに、携帯電話の電波塔があって携帯電話がどこにでもあるような都会(あるいはもっと小さな街)ではほとんど検出できないことを発見しました。

もっと不気味なことに、ハインスボルトは、自然界にはない周波数を人間が被曝し続けると、人間の脳の進化が同じようなことになりそうだ、と予測しました。
しかし、何に進化するのでしょうか?
人間が母なる地球の自然のリズムに幸せにも同調していた十万年前の状態から、不自然であり従ってエイリアン・ AIの生命リズムに基づく混沌とした不愉快な状態へと、進化しているのでしょう。

-------------------------------------
またまた、自分的には目から鱗、、、です。
渡り鳥は、地磁気を使って海を渡ると聞いたことがあります。
虫も、鳥も、人間も、地球の一部ですからね、、

(《スマホで人は、、、2》へ続く)



[PR]
by ymmatheb | 2018-05-06 07:20 | レフト フック | Comments(0)

放射能は何処へ 7

福島事故についての記事を見かけたので、
《https://www.counterpunch.org/2018/04/27/move-over-chernobyl-fukushima-is-now-officially-the-worst-nuclear-power-disaster-in-history/》
の内容を紹介します。ジョン ラフォルジュの2018年(平成30年)4月27日の記事です。

チェルノブイリを超えて、今、福島が史上最悪の原発事故に公式認定された

d0364262_12251798.jpg
T.Ehrmann CC BY 2.0

#2013年(平成25年)世界原子力産業状況報告によれば、福島第一原発の三基のメルトダウンした原子炉から放出された放射能は、チェルノブイリの5.6倍から8.1倍の間です。

#よって、福島を史上『2番目に悪い』原発事故と呼ぶのはやめよう。

#東京電力ーーー福島は900ペタベクレル放出と推定
2016年(平成28年)改訂 TORCH報告ーーーチェルノブイリは110ペタベクレル放出と推定
   注 1ベクレルは、1秒あたり1個の原子の崩壊。『ペタベクレル』は千兆(10の15乗)ベクレル。

#福島による日本の土壌・植生・水の汚染は、チェルノブイリによるソ連のそれを超えています。
このため、土壌除染のためのニホン政府基準は、チェルノブイリ後にウクライナで用いられた基準よりも、はるかにゆるいものです。

福島のセシウム137放出量は、チェルノブイリを越えている

#メルトダウンした三基の原子炉内部のウラニウム核燃料のセシウム137(760から820千兆ベクレル)の量から推定:
   福島から海洋に放出(史上最悪)ーーー121.6〜131.2千兆ベクレル(16%が海洋と推定)
   福島から大気中に放出ーーーーーーーー30.4〜32.8千兆ベクレル(4%が大気と推定)

#福島から環境中へのセシウム137の全放出量ーー152〜164千兆ベクレル
チェルノブイリから            ーー 70〜110千兆ベクレル

#2016年(平成28年)11月 チェルノブイリ事故後30年 『24億5千万ドルのシェルター建設計画』が完成。
巨大な350フィートの高さの新しい覆いは、100年は持つはず。(昨年のウォール ストリート ジャーナル)

【著者のジョン ラフォルジュは、「ニュークウォッチ」共同代表・ウィスコンシン州の平和と環境評価グループ所属・グループのニューズレター編集者。】

参考:
放射能は何処へ

-----------------------------------------------------------------
放射能は何処へ 2》で、平成29年の学術会議報告をメモしました。そこで前提とされていた、平成28年度の内閣府「放射線リスクに関する基礎的情報」は、福島の放出量はチェルノブイリの約7分の1(総放出量)および 約11分の1(ヨウ素131の放出量)としています。
上の記事によれば、平成25年に福島の方がチェルノブイリより多いという報告が出ています。
内閣府は、これを知らなかったのでしょうか。あるいは、検討の上で、「基礎的情報」になったのでしょうか。
では、学術会議報告はどうなるのでしょう。分からなくなって来ました。

チェルノブイリと違って、海がすぐそばであることと地下水が豊富なこと、雨が多いことが幸いしたのでしょうか。
チェルノブイリは大陸の中で、地下水も豊富ではないようです。
ソ連は降雨ロケットを打ち上げて、放射能プルームが大都会に到達する前に、雨で降下させました。
地上に降りた放射能は、やはり福島の方がチェルノブイリよりは少なかったのでしょうか。

チェルノブイリでは核燃料は象の足と呼ばれる状態で、固まっている写真を見た記憶があります。
福島では、メルトダウンした核燃料は今は地下水に冷やされて、とりあえず固まっているのでしょうか。放出されていない80%分を含んで。。
チェルノブイリのように封じ込めるには、福島の場合は上はドームで覆って、地下は地下水を遮断することになるのでしょうか。
地下水を遮断すると、核燃料は高温になって臨界の危険があるのでしょうか。
いやはや、今、一体どうなっているのでしょうか?



[PR]
by ymmatheb | 2018-05-03 05:50 | 科学 | Comments(0)

放射能は何処へ 6

   (放射能は何処へ 5 からの続き)

きょう、 
を読み、
で論じられていることの意味が実感できました。福島第一原発から半径10キロ以内の双葉町に、最近、動植物の調査に入られた記録が生々しく示されています。立ち入り禁止区域のため、許可を取られたそうです。

『道路わきの土壌のホットスポットを見つけた。土壌表層が毎時108.5マイクロシーベルト

を見て、言葉を失います。この汚染の海バージョンがアメリカ科学アカデミー紀要の記事だったのですね。海は原発のすぐそばですから、双葉町に降り積もったのと同様に、近くの海にも放射性物質が降り注いだのですね。ベントで放出された高濃度汚染の排気も、降りてきたのでしょう。海岸のセシウムと言う時に、地下水と溢れる冷却水が海に流されると流布されたことが強く思い出されて、根本のところを忘れていました。

陸地は海流がないので、動かないのですね。引き換え、海は海流が海岸線に運んできた、と言うことだったのですね。はっきり理解できました。

事故直後、ヨーロッパの気象機関などが流した、汚染物質の大気中の流れが頭に残っており、近いところからまず高濃度で汚染される、と言うことを忘れていました。

それにしても、アメリカなどの認識は、福島原発は事故でメルトダウンしその後はアンダーコントロールではない、と言うのが基本的な認識になっているようです。

上のWINEPブログには、プルームを浴びた米軍空母レーガンのことも出てきます。
米軍は当然SPEEDIで原発からの放射性物質の大気中の流れもリアルタイムに把握していたはずです。(日本人は知らされませんでしたが。)
米軍はそれに基づいて事故後の各地の土壌調査時の調査地点を選んだはずです。それなのに、なぜ、空母ドナルドレーガンは被爆したのでしょう?

[PR]
by ymmatheb | 2017-10-27 21:35 | Comments(0)

放射能は何処へ 5

   (放射能は何処へ 4 からの続き)



福島からの放射性物質が海岸の砂と地下水に発見され、海にセシウムを放出している(2)



福島第一原発事故裁判についての更新


福島地裁は10月10日(火)に判決を出しました。日本政府と東電(Tepco)は約2,900人の人々に4.4百万ドル(約5億円)の賠償をせよ、と言うものです。
  
今までのところ、約12,000人の元および現在の福島住民によって起こされた約30の同じような訴訟において、最大の裁判です。
賠償金はたくさんの原告が核災害の後に居住地を離れていたとしても支払われます。

福島第一の核メルトダウンは日本の東海岸にそのままあります。32フィート(約9.75m)の津波(https://www.nytimes.com/2017/10/10/world/asia/japan-fukushima-lawsuit.html)が原発の防潮堤を超えて押し寄せ建屋とディーゼル発電機を破壊したときに核メルトダウンしました。

東電と政府の双方は政府自身の研究機関が地震を適切に予測しなかったのは怠慢だったと言った。そしてこのような場合に対しては押し寄せた津波を防ぐ適切な対策をおそらく取れなかったとも主張した。

さらに、政府は核災害に優先して、東電に防潮手段を取らせるための取り締まり権限を持っていなかった、と言った。原子力規制委員会一般事務部門部長オークマ カゾヒロは『裁判所は政府の弁明を完全に認めなかったと理解しています。我々は核事故に基づいて作られた新しい原発規制基準をこれからはきちんと適用して行きます。』と言っている。

(終)

---------------------------------------------------------------------------

(1)では、福島第一原発が面している湾内よりも、90kmも離れた海岸のセシウム濃度の方が高いと言う。

大気中に放出され、外洋に落ち、海流で流れ着き、また外洋に出て行く、と言っています。山から原発を通って海に入る地下水由来のセシウムとしたら、湾内の方が高くなるはずなので、海流のせいで集まったと考えているのでしょう。90kmも離れたところで湾内よりも高いと言うことですから。

しかし、外洋に落ちたら塩水の中でしょうし、それが一旦塩分の薄いところで砂につき、海水の塩分に洗われて、流れ出して、、、と言うシナリオが少し理解しにくいですが、、、溜まって行くだけにどうしてならないのでしょうか? わからないことが多いですが、原文にあたって見ないとはっきりしないのでしょうね。

どのくらいの量かがわからないので、福島からの放出量のうち何%分がこうして溜まったのかがわかりませんが、一つの行方として、あるということでしょうか。


放射能は何処へ 6 へ続く)

[PR]
by ymmatheb | 2017-10-26 19:49 | Comments(0)

放射能は何処へ 4

   放射能は何処へ 3 からの続き



福島からの放射性物質が海岸の砂と地下水に発見され、海にセシウムを放出している(1)

ジョアンナ ロビンソン   2017年(平成29年)10月12日

タグ:黒ずんだ水、セシウム、福島、福島第一原子力発電所、地下水、日本政府、核事故、海洋水、放射線、放射性物質、塩分を含んだ海水、TEPCO

d0364262_21354432.jpg

(Natural News)10月2日(月)発行のアメリカ科学アカデミー紀要に新しい研究が発表されました。

科学者たちは、2011年(平成23年)の事故後、福島第一原子力発電所からの放射性物質が引き寄せられた場所が分かった、としています。すなわち海岸近くの砂と60マイル離れたところまで達した黒ずんだ地下水の中でした。


ウッズホール海洋学研究所のケン ブスラー、マシュー チャレット、バージニー セニアルと金沢大学のナガオ セイヤたちの研究チームは、2011年(平成23年)に大気中に放出された大量の放射性セシウム137は海流によって海岸沿いに集められたと、結論しました。


『この水を浴びたり、飲んだりした人はいません。そしてここでは公衆衛生上の主要な問題とはなっていません。』しかし『放射性核種の貯蔵と海への放出に対するこの新しい予期せぬ経路は、原発が立地している海岸地帯の管理において、考慮に入れられる必要があります。』と研究者は言います。


事故の数週間後に、この高汚染水は沿岸地帯にセシウムを持ってきました。最終的に砂つぶの表面にくっついたのです。

セシウムいっぱいの砂は海岸の上と、浜辺の下の黒ずんで少し塩っぽい真水と塩水の混合の中に溜まりました。


しかし、塩水の中では、セシウムはもはや砂の中に止まってはいません、したがってより新しい波が外洋からの海水(塩水)を運んだとき、浜辺の下の黒ずんだ水は砂の中のセシウムを解き放つのに十分な塩分を持ちます。そしてセシウムは外洋へ戻って行きます。


『今日、外洋水中の高水準のセシウムは福島第一原発のある湾には見つからず、何マイルも離れた海岸の砂の下の地下水の中に見つかります。これは誰も予期しなかったことです。』とセニアルは言いました。


2013年から2016年(平成25年から平成28年)に研究チームは福島第一原発の60マイル以内の8ヶ所の海岸から砂の標本を集めました。3ー7フィートの長さの管を砂の中に打ち込み、下の地下水を吸い、セシウム137含有量を調べたのです。


地下水中のセシウムの量は、原発がある湾内の海水の水準よりも10倍も高い、と言うことを研究者たちは発見しました。

3フィート以上の深さの砂に溜まったセシウムの総量は、浜辺の沖合の海底に堆積しているのよりも多いのです。研究者たちはこう付け加えた。


注 1 60マイルは約96㎞。
注 2 黒ずんだ地下水 blackish groundwater は
      https://www.sciencedaily.com/releases/2017/10/171002161251.htm
注 3 3フィートは約0.91m、7フィートは約2.13m。


元の記事:https://www.naturalnews.com/2017-10-12-radioactive-material-from-fukushima-discovered-in-the-sand-and-groundwater-beneath-the-beach-releasing-cesium-into-the-ocean.html

放射能は何処へ 5 へ続く)

[PR]
by ymmatheb | 2017-10-25 21:58 | 科学 | Comments(0)

放射能は何処へ 3

   放射能は何処へ 2 からの続き

学術会議の報告を前回はメモしましたが、この内容を調べられるだけ調べて行きたいと思います。

まず、福島原発事故での放射性物質の総放出量についてです。現在も、放出が完全に止まってはいないのでしょうが、チェルノブイリの7分の1とか、11分の1とかはどうなのでしょうか?

ここに、2011年(平成23年)5月17日(火)の記事があります。

S&P Global (Platts) というウェブサイトで、そこの「ニュースと分析」の中の『福島の総放出量はチェルノブイリの10分の1:フランスのIRSN』です。

IRSNはフランスの放射能防護・原子力安全研究所です。

1号機は3月12日(土)に爆発、2号機は3月15日(火)に格納容器破損、3号機は3月14日(月)に爆発、4号機は3月15日(火)に爆発(Wiki)しました。

そして、この5月17日(火)付けの記事では、福島から放出されたのはチェルノブイリから放出された量の約10分の1と書かれています。他にもこの時点での東電のコメントに対する見解等も書かれています。

IRSNの日本の危機に関する調査会長であるティエリー シャルルは、使用済み核燃料プールに消防士が水をかけ、東京電力が三機の原子炉の炉心が部分的に損壊している、とし、『状況のしっかりしたコントロールを取り戻した』と言ったことに対して、『全てのことがアンダーコントロールでない』と言っています。炉心とプールの両方を何としても冷やすことが重要とも。

IRSNの医療専門家パトリック グルムヨンはヨウ素剤を飲む必要はないと言っています。

IRSNの計算は、健康への影響ということでは最も重要な揮発性の放射性元素ーー本質的にヨウ素・セシウム・テルルーーに基づいて行われました。

IRSNによれば、チェルノブイリはこれらの元素の約600京ベクレル(6×10^18ベクレル)を放出した。(^は累乗を表します。例:10^2は100です。)

木曜日の時点で福島からの放出はこれらの元素の7.5×10^17ベクレルの少し下でした。

------------------------------------------------------------------------------------------------

学術会議は放出量を

   内閣府、消費者庁、復興庁等、放射線リスクに関する基礎的情報(平成28年度(2016年度)2月版)

から引用しています。

上のIRSNによる数値が、この平成28年度(2016年度)の数値とあまり変わらないということと、事故後2ヶ月後という早さとから考えると、放出量の推定はそんなに難しいことではないのでしょう。

おそらく、モデル式もかなり正確なものが確立しているのでしょう。

推計値では約1桁違っているということですね。

次にナチュラルニュースの新しい記事を見てみたいと思います。

改めて、東日本大震災の時の民主党政権はひどかったですね。その後民進党に名を変え、今度は希望と立憲民主のふた手に目先を変えて就活ですか。



[PR]
by ymmatheb | 2017-10-22 22:21 | 科学 | Comments(0)

放射能は何処へ 2

平成二十九年(2017年)九月一日に
 
日本学術会議 臨床医学委員会 放射線防護・リスクマネジメント分科会
が報告
   「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題 
    ー現在の科学的知見を福島で生かすためにー」    
を出しています。

前に 放射能は何処へ というメモを書きましたが、
今回はこの報告をメモします。
   http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-h170901.pdf

子どもは胎児と0〜18歳と定義しています。

チェルノブイリ事故での放射性物質の総放出量(ヨウ素換算)は
           5.2×10^18(10の18乗)ベクレル(Bq)、
ヨウ素131の放出量は
           1.8×10^18 Bq
と推定されており、福島原発事故における放出量はそれぞれ
          約  1/7 、 1/11
に相当する、という内閣府等「放射線リスクに関する基礎的情報」
(平成二十八年度(2016年度)二月版)を引用しています。

放射能は何処へ は、事故後五年以上が経って、チェルノブイリ
と同じように病気が激しく増加しているように見えないのは、何故
だろうか? 激増を予測する人が大勢いたのに、、、という疑問から
書きました。そもそも放出量にこれだけの差があったのなら、当然
チェルノブイリと同じにはならないでしょう。

では、小児甲状腺がんについて、報告を追ってみましょう。
チェルノブイリ原発事故後に、小児甲状腺がんが増加し、六千人が
手術を受け、十五人が死亡したと報告されました。
(UNSCEAR, Sources,Effects and Risks of Ionizing Radiation.
Report 2008,2011)
これは、子どもにおいて甲状腺の単位線量当たりのリスクが高いこと
等が、また汚染したミルクの飲用によりヨウ素131を多量に摂取した
ことによる内部被ばくが、大きく関与しています。

福島県は事故後に、十八歳以下であった全県民を対象に、
甲状腺超音波検査を実施しています。
チェルノブイリ事故後の知見によれば、小児甲状腺がんの潜伏期間は
四〜五年と比較的短く、影響の有無についての結論を得るには十年程度
が必要とされます。

平成二十八年(2016年)十二月末日までに、百八十五人が甲状腺がん
の「悪性ないし悪性疑い」と判定され、このうち百四十六人が手術を
受けたと発表されました。

福島県民健康調査検討委員会、県民健康調査における中間取りまとめ、
平成二十八年三月は、こう述べています:

 これまでに発見された甲状腺がんについては、被ばく線量が
チェルノブイリ事故と比べて総じて小さいこと、
 被ばくからがん発見までの期間が概ね一年から四年と短いこと、
 事故当時五歳以下からの発見はないこと、
 地域別の発見率に大きな差がないこと、

から、放射線の影響とは考えにくい、と評価しました。

小児甲状腺がんは、罹患人数がとても少ないと聞かされてきました。
では、この数値はどうとらえたら良いのでしょうか?

上の検討委員会は、スクリーニング効果(今まで検査が施行された
ことがない対象者・地域に、初めて精度管理された超音波画像診断
が導入されたことによる)である、としています。

しかし、『スクリーニング効果だけでは、この数値は説明つかず、
放射線被ばくの影響である』とする報告もあります。
(Tsuda T et al, Screening for thyroid cancer detected by
ultrasound among residents ages 18 years and younger in
Fukushima, Japan: 2011 to 2014. Epidemiology 27(3):
316-322, 2016)

この論争に決着をつけるには、
 甲状腺検査を継続して、継時的変化から判断する、または
 福島県以外の県で同規模の同じ甲状腺検査を実施して比較する
方法が考えられます。現実的には前者とされています。

こうして、前に ? だったことが、少し分かりました。

なお、報告は、「放射性セシウムと発がんに関する社会の
受け止め方 イ 内部被ばく由来」の項で

『実際に流通する食品を収集して行うマーケットバスケット調査
や、一般家庭で調理された食事を収集して行う陰膳調査の結果
を見る限り、食品中の放射性セシウムから人が受ける放射線量は、
現行基準値の設定根拠である 1mSv の1%以下であり、極めて
低いことが明らかになっている。』

と、内閣府等、放射線リスクに関する基礎的情報(平成二十八年度
二月版)を引用しています。



[PR]
by ymmatheb | 2017-09-28 16:02 | 科学 | Comments(0)

わからないことを理解できるまで追求します。数学と合唱ではできるまで。


by 九天
プロフィールを見る
画像一覧