オラ イェイロ「完璧な気高さ」

オラ イェイロ の曲の楽譜を、前回の練習でいただきました。
きっと、また美しいハーモニーにあふれているのだろうな、と胸が高鳴ります。

早速、歌詞をメモします。

Tota pulchra es

Tota pulchra es, Maria,
et macula originalis non est in te.
Vestimentum tuum candidum quasi nix, et facies tua sicut sol.
Tota pulchra es, Maria,
et macula originalis non est in te.
Tu gloria Jerusalem, tu laetitia Israel, tu honorificentia populi nostri,
Tota pulchra es, Maria.

読み方は

トーター プルクラー エス、マリア、
エトゥ マクラ オリーギナーリス ノー ネスティン テー。
ウェスティーメントゥム トゥウム カンディドゥム クアシ ニクス、エトゥ ファキエース トゥア シークトゥ ソール。
トーター プルクラー エス、マリア、
エトゥ マクラ オリーギナーリス ノー ネスティン テー。
トゥー グローリア イェルサレム、トゥー ラエティティア イスラエル、トゥー ホノーリフィケンティア ポプリ ノストゥリ、
トーター プルクラー エス、マリア。 

ーは長音です。ua、aeなどの二重母音も長いです。
英語圏では、originalisはオリジナーリス。

言葉の意味は

Tota(完全に)pulchra(気高い)es(です)、Maria(マリアは)、
et(そして)macula(罪)originalis(原初の)non(ない)est(です)in(に)te(あなた)。
Vestimentum(衣装)tuum(あなたの持ち物)candidum(白色)quasi(まるで)nix(雪)、et(そして)facies(顔)tua(あなたの)sicut(あたかも)sol(太陽)。
Tota(完全に)pulchra(気高い)es(です)、Maria(マリアは)、
et(そして)macula(罪)originalis(原初の)non(ない)est(です)in(に)te(あなた)。
Tu(あなたは)gloria(栄誉)Jerusalem(エルサレムの)、tu(あなたは)laetitia(優美)Israel(イスラエルの)、tu(あなたは)honorificentia(名誉を与える)populi(民衆に)nostri(我々の)、
Tota(完全に)pulchra(気高い)es(です)、Maria(マリアは)。


d0364262_14493232.jpg
d0364262_15553513.jpg
白い衣は、あまりなくて、上の絵くらいでしょうか。
しかし、気高さといえば、やはり、ダヴィンチにかなうものはない、と思われます。

<平成30年7月31日追記:指揮者の先生にイタリア式の発音をするように注意されました。
今まで、英語式を多く聞いてきたせいで、英語式が口から出てしまうので、直さなくては、、、
要はイタリア語の訛りでラテン語を読むわけですね。
VEがヴェ、 SIがジ、CEがチェ、CIがチ、TIはチに近く聞こえるティですがTIAは最初からツィアで良いようです、LAEがレ、HOがオ、GIがジ(SIより舌が歯の裏に来れば良いのでは、ディに近く。こちらは下線を付けます)。

トーター プルクラー エス、マリア、
エトゥ マクラ オリーナーリス ノー ネスティン テー。
ヴェスティーメントゥム トゥウム カンディドゥム クアジ ニクス、エトゥ ファチエース トゥア シークトゥ ソール。
トーター プルクラー エス、マリア、
エトゥ マクラ オリーナーリス ノー ネスティン テー。
トゥー グローリア イェルサレム、トゥー レティティア イスラエル、トゥー オノーリフィチェンティア ポプリ ノストゥリ、
トーター プルクラー エス、マリア。

となります。
オリナリスがGIですが、イタリアの合唱団を聞いてみないと、正確な音は分かりません。
しかし、何となくパスタの匂いがしてくるような、、、、> 

音源:<合唱団の方が作られた、音取り用の音源が下にあります。


関連:
------------------------------------------------------------------
発声練習(その十一)》   《ある一日 1》「合唱祭」
-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------
ハーモニー 第一 1》「発声練習(その十六)」 《ハーモニー 第一 2》「音取り」
ハーモニー 第一 3》「発声練習(その十七)」 
ハーモニー 第一 4》「発声練習(その十八)」

[PR]
by ymmatheb | 2018-05-17 15:31 | 合唱・発声練習 | Comments(0)

わからないことを理解できるまで追求します。数学と合唱ではできるまで。


by 九天
プロフィールを見る
画像一覧